スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか更新できなくてスミマセン。m(-_-)m スマヌ





12冊目は「アルケミスト」です。

この本は、ビジネス書ではなく、ジャンルとしては童話です。

この本は世界的に有名な本だそうで、

実はあの「星の王子さま」と同じくらい有名な話だそうです。

私がこの本を読んだきっかけは本田健さんの

20代にしておきたい17のことの中に書いてあったので購入して読みました。








少年が宝物を求めて旅をする話なのですが、途中でいろいろなトラブルや大きな決断をせまられたりという話ですが、

とても奥が深く、ひとつひとつの決断の中に秘められている「意味」などを理解するのに

ちょっと時間がかかったのを覚えています。

私がこの本を読んで一番勉強になった箇所というのは、

砂漠を進む途中で盗賊と出会ってしまい、金品をすべて持っていかれた場面が

あるのですが、そこで「命はお金に変えられない」といったような言葉を

一緒に砂漠を旅をしていた人からいわれた言葉です。

当たり前といえば当たり前のことですが、

社会人になり、どこかの組織に所属してしまうと当たり前だったはずのことを忘れてしまうことが

あります。

なので、そういった「当たり前」のことを思い出させてくれる一冊でした。

宝物を手に入れるために少年は旅をしていたので、私もそういった「宝物」を手に入れるための

努力と宝物を手に入れたい「理由」を胸に刻んで後悔しないよう生きていきたいと

この本を読んでそう思いました。


スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

アルケミスト
アルケミスト、むかし読んだことがあります。たしか、少年がひたすらに何かを求めて砂漠を彷徨う話だったと思うが、その何かが思い出せません。
 この文章に触れたことを気に、自分の部屋を家探しして、ちょうど、主人公の少年のように、この本を見つけ出そうと思います。
 見つけ出して、再読したら追記したいと思います。
 
aliceizer | URL | 2012/07/08/Sun 00:19 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 人生を変えたければ本を読め!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。