スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の本のタイトルは・・・






「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」です。

とくにカツマー(懐かしい響きですね(笑))ではなかったので、

勝間さんの本で購入したのはこの本だけです∑(; ̄□ ̄A アセアセ

この本を購入した理由は、本屋の戦略に負けたからだと思います・・・・。

いつも入口の棚に置いてあり、買えって言われているような気がして・・・

また、私自身、マッキンゼーのファンだからです\(^▽^)/

それでは本の内容についてですが、

ビジネス思考力を定義するの項目の中にある

「推測・判断が適切で速い人はフレームワークが豊富」です。



フレームワークが豊富な人は、経験が多く、また場数をたくさん踏んでいる人だと

私自身は考えています。それは、いろいろな経営者の目線で問題や課題、その解決策を

考え、さらに実行に移さないと机上の空論になってしまい、意味がないからです。

マッキンゼーを崇拝する理由の一つとして、問題の本質を素早くとらえ、

その本質から目をそらさなければ、問題は必ず解決するという考え方が理にかなっていると

感じたからです。
*このあたりの話はまた後日にしたいと思います。長くなるので・・・

もう一つ、印象に残っていることは思考の六つの段階の項目です。

思考には、

1,知識 2,理解 3,応用 4,分析 5,統合 6,評価

の6段階になっているそうで、この6段階すべてにおいて鍛える必要があるという考え方がある

ということです。

私は同じ場所でいつも同じように仕事をしていたのですが、

それは今まで、自分の人生プランがなく、何をしたいのかなど将来を考えてこなかったことが

原因だと気付きました。

この本はそのことに気づいた後に読んだのですが、分析のあたりで自分の思考が止まっていたのかなと

感じました。最近、本当に感じることは会社や国、あるいは得体のしれない他人に期待して生きていく事は

自分に必ず、しっぺ返しがいつかくるということです。

自分の身を守るためにも日々、成長していかないといけないなと思いました。


それではまた((w(^∇^)w))

PS
今回は表面上の話のみ書かせていただきました。フレームワークの中身や思考力を身に付けるテクニックなど

書いてあり、勉強になった箇所がたくさんあった本なので、これから何回かにわけて書いていこうと思います。

次回もよろしくお願いいたします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

まとめ【今回の本のタイトルは】
「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」です。とくにカツマー(懐かしい響きですね(笑))で [続きを読む]
まっとめBLOG速報 2012/11/20/Tue 15:38
Copyright © 人生を変えたければ本を読め!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。